タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

やはりタイは神の国だった!?日本は無神論者が6割を占める国

time 2015/04/25

world’s least religious countries

各国の世論調査機関が加盟する「WINギャラップ・インターナショナル(WIN Gallup International)」(本部スイス・チューリヒ)がこのほど国民の宗教心の有無を調査した結果によりますと、世界で一番信仰心のある国にタイが輝きました。

今回行なわれた調査は世界65カ国を対象にしたもので、1位のタイは94%の人が「信仰心がある」と答え、アルメニア、バングラデシュ、グルジア、モロッコではその割合が93%で2位に並びました。

以下6位=フィジー(92%)、7位=南アフリカ(91%)、8位=アルジェリア(90%)、9位=ケニア(89%)、10位=マケドニア(88%)の順。

Countries with large numbers of atheists一方、世界で一番信仰心が薄い国は中国で、「信仰心がある」と答えたのは7%、「無神論者」と答えたのが61%と共にワーストでした。

次が「信仰心がある」13%、「無神論者」31%で日本という、まあまあ納得の順位です。

そのほかのワースト10をみると、63位=スウェーデン(19%)、62位=チェコ(23%)、61位=オランダ(23%)、60位=香港(23%)、59位=英国(30%)、58位=イスラエル(30%)、57位=ベトナム(34%)、56位=ドイツ(34%)となっています。(同率で順位の差は無神論者の%の違い)

ただ、宗教がある、信仰心が深いからといって、幸せとは限らないのが現状であるのは、昨今の世界情勢をみれば自ずと分かると思います。

日本は一見すると信仰心のない無神論者ばかりの国に思われますが、そこには日本古来の歴史のバックグランドに脈々と流れる神道の心や道徳心のようなものがあり、秩序ある国民、国家といえるのではないでしょうか。


<What Are Most & Least Religious Countries?>



sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 371現在の記事:
  • 494085総閲覧数:
  • 194昨日の閲覧数:
  • 124今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト