タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

今夜WBA世界タイトルマッチで日本人チャンピオンに挑むのは共に強敵タイ人ボクサー

time 2015/05/06

王者/内山高志vs.挑戦者、東洋太平洋王者/ジョムトーン・チューワッタナ(タイ)
今夜(6日)20時59分からテレビ東京ではWBA世界S.フェザー級タイトルマッチとWBA世界L.フライ級タイトルマッチ、2つの世界タイトルマッチが放映されます。

大晦日に豪快なファイトで9回目の防衛に成功したWBA世界S.フェザー級“スーパー王者”内山高志(35)は、具志堅用高の持つ13回防衛の日本記録に一歩ずつ近づいていますが、そのV10に大きく立ちはだかったのがデビュー以来負けなしの9連勝、日本人相手に3戦全勝と強豪のジョムトーン・チューワッタナ(25)です。

さらにジョムトーン選手がすごいのは9歳からムエタイを始め、15歳でタイのムエタイ王座を獲得、天才児と呼ばれ、これまでに200勝以上をあげ、ムエタイ6冠王者という肩書をもつまさに「戦うために生まれてきた男」なのです。

これはもう内山選手には悪いですが、ジョムトーン選手の勝利を信じて見るっきゃないですね。

王者/田口良一vs.挑戦者、元世界王者/クワンタイ・シスモーゼン(タイ)
こちらもまた、WBA世界L.フライ級王者・田口良一(28)の初防衛を阻止すべく挑むのがタイの強敵、クワンタイ・シスモーゼン(30)です。

クワンタイ選手は田口選手の倍以上となる49勝の白星を積み重ね、2階級制覇を狙っている元世界王者です。

彼にとって、チャンピオンベルト奪回のチャンスが多いにある試合といえるのではないでしょうか。

ほんと、2試合とも楽しみです。

池原シーサー久美子 × 江畑佳代子
なお、放映はありませんが、2つの世界タイトルマッチの前に「WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ」が行なわれます。

WBO女子世界ミニフライチャンピオンの池原シーサー久美子選手は、大阪府大阪市出身の30歳で京都にあるボクシングジム「フュチュール(futur)」に所属しています。

2012年3月にC級ライセンスを取得、2014年9月20日に世界タイトルを獲得、2015年2月28日にはジョゼベル・パガデュアンと対戦して1回に相手の頭が当たり負傷、引き分け防衛となり、今回が2度目の防衛戦となります。

一方、挑戦者の江畑佳代子選手(39)は、東京都出身でワタナベボクシングジム所属の東洋太平洋女子フライ級王者です。

彼女は広告代理店に勤務するかたわら、アマチュアで活躍後2007年にプロとなった異色のプロボクサー。

世界、東洋と数度の挑戦を重ね、2013年7月に念願の東洋タイトルを奪取。11月には3度目の世界タイトル挑戦は叶わず引退を考えたものの、後輩の女子選手の存在に背中を押されて現役続行を決意、果たして4度目の正直となるか見届けたい一戦です。

この模様は5月9日、テレビ東京のサイトで無料公開される予定です。⇒ 池原シーサー久美子 × 江畑佳代子




アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ



タイ・ブログランキング

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 239現在の記事:
  • 523146総閲覧数:
  • 171昨日の閲覧数:
  • 68今日の訪問者数:
  • 103昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト