タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

最後の4枠を賭けて「2016リオデジャネイロオリンピック バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選大会」が日本で開幕

time 2016/05/14

2016リオデジャネイロオリンピックの出場枠を賭けた「バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選大会」が女子が本日14日から、男子は28日から東京渋谷の東京体育館で開催されます。

男女ともに出場国は、開催国の日本のほかに、アジア予選枠3か国、その他の世界枠から4カ国の計8カ国で、アジアの最上位1チームと、アジアの最上位1チームを除いた7チーム中上位3チームの計4カ国がリオデジャネイロオリンピックの出場券をゲットすることができます。

オヌマー・シッティラックまず女子大会の出場国は、世界ランキングの上位から紹介すると、日本(5位)、ドミニカ共和国(7位)、イタリア(8位)、韓国(9位)、タイ(13位)、オランダ(14位)、ペルー(21位)、カザフスタン(26位)の順です。

もちろん、日本がオリンピックに行ってもらいますが、タイにとっても大きなチャンスといえます。

2013年のアジア選手権で優勝したタイは10年以上に渡り中心メンバーをほぼ固定して戦い、多彩なコンビバレーを武器に初のオリンピック出場を狙います。

プルームジット・ティンカオその変幻自在なコンビバレーを操る司令塔は18歳で正セッターを務め、今回で4度目の世界最終予選となるヌットサラ・トムコムを中心に、左腕にサソリ(メンポーン)の刺青をもつさそり座の女こと、ミドルブロッカーのプルームジット・ティンカオや2年前から日本のプロチーム、JTマーヴェラスでウイングスパイカーを務めるエースのオヌマー・シッティラック選手(画像・左上)らが前回のロンドンオリンピック世界最終予選での雪辱を晴らすことでしょう。

タイの試合日程は今日(14日)がドミニカ共和国と、明日はイタリアと戦い、第3試合は17日(火)にオランダ、そして第4試合で日本とぶつかります。

そのあとの日程等は次の通りです。 ⇒ <競技全日程

リオデジャネイロオリンピックには日本とタイが是非、アベックで出場してほしいものです。

<タイ女子バレーボール代表チーム>
タイ女子バレーボール代表チーム

◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング 

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 134現在の記事:
  • 483773総閲覧数:
  • 192昨日の閲覧数:
  • 80今日の訪問者数:
  • 121昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト