タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

今日公開の香港映画「レクイエム 最後の銃弾」にタイNo.1ニューハーフNong Poyが出演

time 2014/10/04

レクイエム 最後の銃弾タイで撮影された香港映画「レクイエム 最後の銃弾(原題 掃毒 The White Storm)」が本日10月4日より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか日本全国で順次公開されます。

この作品は、2013年12月に香港で公開され、興行収入3121万HKドルをあげ、この年の香港映画年間興行収入第8位(中華映画では第2位)を記録した話題作です。

主演は「奪命金」のラウ・チンワン、「ドラッグ・ウォー 毒戦」のルイス・クー、「ビースト・ストーカー 証人」のニック・チョンという香港を代表するスター3人が顔を合わせ、監督は「新少林寺/SHAORIN」など香港映画でのアクション・エンタテイメントに定評のあるベニー・チャンが手がけています。

タリーチャダー・ペッチャラットまた、今回はオールタイロケというこもあり、2004年にニューハーフ世界一に輝き「奇跡のニューハーフ」とも言われたノンポーイことタリーチャダー・ペッチャラットさんが体当たりの演技をしているのも見逃せません。

◆あらすじ
警察の麻薬取締班で活躍するマー(ラウ・チンワン)、ソー(ルイス・クー)、チャン(ニック・チョン)の3人は幼なじみの親友同士。麻薬売買を行なうハクの組に潜入捜査していたソーは、タイの大物麻薬王ブッダを逮捕目前まで追い込み、タイ警察の協力を得てブッダの組織との取引現場へ向かう。ところが、事前に情報を得ていたブッダは、傭兵を乗せたヘリを準備していた。その銃撃を受けて警察は全滅。ブッダの娘を人質に取って逃げた3人だったが、追いつめられた末にチャンが犠牲になってしまう。辛うじて生き延びたマーとソーは、捜査の失敗とチャンを失ったことで、大きな十字架を背負うことに……。それから5年。捜査の全責任をとって左遷されたマーと、対照的に麻薬捜査班のトップに出世して活躍するソーは、香港の新興麻薬組織とブッダの組織の争いに直面する。そして、ブッダの組織の一員として姿を現したのは、死んだはずのチャンだった……。


ノンポーイ ノンポーイ






アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 443現在の記事:
  • 487860総閲覧数:
  • 132昨日の閲覧数:
  • 82今日の訪問者数:
  • 103昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト