タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

東京五輪のタイのホストタウン秋田県美郷町が10月一杯「タイ王国文化展」を開催中

time 2017/10/05

タイ王国文化展秋田県仙北郡美郷町の美郷町学友館では10月1日~31日、「タイ王国文化展(Thailand’s Culture Exhibition) 」を開催しています。

美郷町は東京オリンピック2020の開催に際し、「タイ王国」のホストタウンとして登録(平成28年1月26日)を受けており、「タイ王国文化展」は住民が同国の文化に触れ、理解を深める機会を創出することで、ホストタウンとしての機運を高めることを目的に、同国を紹介するパネル、ポスターの展示及び映像資料の放映、生活や文化等を紹介する民族資料等を展示するものです。

美郷町はこれまでも、タイ王国のバドミントン協会と事前キャンプ地としての基本合意(平成29年7月25日)を交わしているほか、昨年には「タイ異文化教室」を開催するなど、これからは文化面での交流も進めていく予定です。

なお、2020年の東京五輪のホストタウンの概要、ホスト登録状況はこちらです。⇒「ホストタウンの推進について」

タイ王国のホストタウンは以下の通りです。(2017年7月7日現在)
▶秋田県=秋田県・大館市・仙北市・美郷町
▶山形県=山形市
▶福島県=会津若松市
▶茨城県=笠間市
▶山梨県=笛吹市
▶福岡県=北九州市

ホストタウンとは・・・
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として全国各地に広げていきます。

◆オリンピアンとの交流を通じ、スポーツの素晴らしさを学ぶ
 ● オリンピアンの経験を聞く
 ● 大会に参加する外国人選手と競技を楽しむ
◆大会参加国の方々との交流を通じ、外国を知り日本を伝える
 ● 相手国からゲストを招き、歴史や文化を知る
 ● 生徒から日本文化を紹介する
 ● 来日した外国選手や同行スタッフに地元の魅力を体験してもらう
◆パラリンピアンとの交流を通じ、共生を学ぶ
 ● パラリンピアンと一緒に競技を体験する
 ● バリアフリー、ユニバーサルデザインの大切さを学ぶ


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 14現在の記事:
  • 508489総閲覧数:
  • 141昨日の閲覧数:
  • 107今日の訪問者数:
  • 76昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト