タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

タイ映画「世紀の光」来年日本公開を前に今週末から新宿K’scinemaで開催の「はしっこでも世界。」で先行上映

time 2015/11/11

世紀の光「ブンミおじさんの森」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したアピチャッポン・ウィーラセタクン監督による2006年の作品「世紀の光(Syndromes and a Century)」が来年、日本で公開されます。

その本格公開の前に11月7日から20日まで新宿K’scinemaで開催の「はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映」で先行上映されます。

また、「ブンミおじさんの森」も同劇場にて合わせて上映されます。

そのほか、「はしっこでも世界。ムヴィオラ15周年特集上映」期間中には、マレーシア、中国、香港、フランス、イタリア、イギリス、アメリカなどから全27作品が上映されます。

◆世紀の光(Syndromes and a Century、แสงศตวรรษ)
【2016年公開作 特別先行上映】
原題:SYNDROMES AND A CENTURY
作品データ:2006年/タイ、フランス、オーストリア/105分
監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:サクダー・ケァブアディー

アピチャッポン幻の傑作|タイ
2006ヴェネチア国際映画祭コンペディション部門出品
2つのパートに分かれ、前半は地方の病院、後半は都市の近代的な病院が舞台。医師と患者の会話や恋の芽生えなどエピソードは前半と後半で反復され、また少しずれながら現れる。アピチャッポン映画の重要なモチーフである“記憶”“未来”を大胆な構成で描く。これまで日本で上映が困難だった幻の傑作を、新作「CEMETARY OF SPLENDOUR」公開に併せて来年公開します。
〈上映日〉11/7(土) 10:30

<Syndromes And A Century – Trailer>


◆ブンミおじさんの森
原題:UNCLE BOONMEE WHO CAN RECALL HIS PAST LIVES
作品データ:2010年/イギリス、タイ、ドイツ、フランス、スペイン/114分/提供・シネマライズ
監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:タナパット・サーイセイマー

カンヌ最高賞|アピチャッポン|タイ
カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)
腎臓病を患い、死期を悟ったブンミおじさんの前に、亡くなった妻の霊や、猿の精霊、さらにはブンミの前世が現れる。カンヌ審査委員長ティム・バートンが大絶賛した驚きと微笑みのファンタジー。映像のみならず豊饒な森の音が素晴らしい。シネマライズさんの買付作を配給させてもらい、アピチャッポンと良い縁ができました。
〈上映日〉11/14(土) 10:30 11/17(火) 11:30


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング



sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 147現在の記事:
  • 478358総閲覧数:
  • 187昨日の閲覧数:
  • 105今日の訪問者数:
  • 138昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト