タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

やはりタイ人は甘いのがお好き?タイの清涼飲料水は・・・

time 2015/04/29

ジュースに含まれる砂糖の量

ちょっと見ずらいかもしれませんが、上の画像はタイのサイトに載っていたものです。

一体何だと思いますか。

これらはタイで売られている日本茶のペットボトル、缶で、その前に添付されてる小袋に入っているものは砂糖です。

タイでペットボトルのお茶を飲んだことがある方なら分かると思いますが、知らないで一口飲むとビックリしてしまうほどの激甘です。

โออิโอฉะそれを証明するかのような画像が上のもので、どれくらい糖分が入っているかを砂糖の量で表して展示してあります。

多いものでは小さじ10杯以上の砂糖が入っているそうです。

最近では甘くない伊藤園の「おーいお茶」が売られるようになりましたが、それを喜んでいるのはおそらくタイ在住の日本人ではないでしょうか。

タイ人の食生活を知るようになって分かるのは、みんな辛いものが好きというより、結構甘いもの好きなんだなということです。

だから、タイ人は全然甘くない「おーいお茶」をよそ目に、これからも従来の激甘緑茶を選ぶことでしょう。

これはタイのことだからと安心していてはいけません。

緑茶ではありませんが、日本の清涼飲料水だって甘くみていてはいけません。

下の画像をみてください。これだけの砂糖の量(糖分)が入っているのです。

ジュースに含まれる砂糖の量

厳密には「果糖」や「ブドウ糖液」ということでイコール「砂糖」ではないとしても、これだけの糖分があるということは意識して飲む必要はありますね。

このほかにも下の画像にように、スティック砂糖(1本=3g)や角砂糖に換算して示したものを見かけます。

お馴染み「レッドブル」には、なんとスティック9本分(27g)もの砂糖が入っています。

元気のために飲んで、糖尿病にでもなったら洒落になりません。

まあ、頻繁に飲まなければ影響は少ないでしょうが、これからはちょっと考えて選びたいものです。

自分の飲んでいる飲み物からとる糖分の目安(厚生労働省)

ジュースに含まれる砂糖の量
ジュースに含まれる砂糖の量



アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ



タイ・ブログランキング


sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 235現在の記事:
  • 523146総閲覧数:
  • 171昨日の閲覧数:
  • 68今日の訪問者数:
  • 103昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト