タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

シラチャーといえば・・・日本祭りとホットチリソース!?

time 2014/11/20

第6回シラチャ日本祭り日系企業や工場が近隣に多いことから日本人が多く住むチョンブリ県シラチャー市では、毎年恒例の「第6回シラチャ日本祭り」が11月22~23日、パシフィックパークで開催されます。

ゲストに日本人にも人気の双子のアイドル・ネコジャンプと実の妹であるピグレット(シュガーアイズ)、2014年のタイフェスティバル代々木にも出演したロックグループ、モダンドッグらを招いて華やかに行なわれます。

シラチャー在住の方はもちろんのこと、バンコクやパタヤなど近隣の方も参加してみてはいがでしょう。

Sriracha sauceところで、シラチャーと聞くと個人的には、ホットチリソースを思い出します。

今はどうか分かりませんが、一昔前タイでホットチリソースの代名詞といえば「ソース・シラチャー」でした。

つまり「ソース・シラチャー」といえば、実際シラチャーソースでなくともホットチリソースのことを指すのが当たり前という感じです。

ステープラーのことをホッチキスといったり、カットバン、バンドエイド、サビオといえば絆創膏(プラスター)の代名詞で使われているのと同じです。

そういうことでシラチャーソースはもともとはタイのシラチャーで作られたのが発祥ですが、現在は30年ほど前にロスサンゼルス在住のベトナム系アメリカ人、デイヴィッドさんが商品化し、Huy Fong Foods社として生産を拡大したものが主流のようです。

そんなシラチャーソースにはファンも多いようで、好きで好きでたまらない人のためにどこにでも携帯できるキーホルダー型容器がSriracha2Goというサイトで売られているほどです。

皆さんはシラチャーソースを知ってますか。ホットチリソースといえば、どのブランドを思い浮かべますか。







アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 372現在の記事:
  • 473697総閲覧数:
  • 331昨日の閲覧数:
  • 62今日の訪問者数:
  • 241昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト