タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

今夜の「世界の秘境で日本料理」ではタイの村が登場

time 2014/06/27

世界の秘境で日本料理今夜9時からの「世界の秘境で日本料理」(TBS系)では、パブアニューギニア・ツブセリア村とタイ・メーリッノーイ村が登場します。

この番組は世界の秘境と呼ばれる地で、食を通して現地の方々との交流を描く好評シリーズ第3弾で、電気、ガス、水道などのライフラインが整っていない秘境を日本人の料理人が訪れ、現地の食材と調味料だけで日本が誇る和食を作り、現地の人々に振舞うというもの。

さらには、料理を通して日本の文化を知ってもらい、取材後もその調理法を現地の人々にヒントとして伝えたいという願いも込めています。

段取りとしては、料理人とリポーターがまず現地の食生活を調査。続いて食材探しに取り掛かり、現地の人々の食事を参考にして、さらに彼らが見逃している食材にも注目。現地の食文化を探っていきます。

今回は、関西の和の鉄人・神田川俊郎の愛弟子である仲村久志(なかむらひさし)34歳が、パプアニューギニア・ツブセリア村へ。

また、異色の料理人である斎藤雄大(さいとうゆうた)40歳が、タイ・メーリッノーイ村へ向かいます。

タイ・メーリッノーイ村はチェンマイから悪路を4時間ひた走ったところにあります。

この村は全て自給自足の生活。主食は米、メインの調味料は唐辛子。野菜は山で栽培していて、日本で言う無農薬野菜が豊富。

村人にいろいろ食材リサーチしていたところ、出会った村長から「親族の結婚式に是非とも日本料理を作って欲しい」とお願いをされた斎藤。

そこで、御祝い料理の一つに米粉を使って麺料理に挑戦するが…。

果たして、限られた食材と調味料で結婚式に出せるような日本料理が出来るのか!?乞うご期待です。




アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 276現在の記事:
  • 474082総閲覧数:
  • 243昨日の閲覧数:
  • 155今日の訪問者数:
  • 187昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト