タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

タイチーム今年の作品は「ムエタイの芸術」~第44回さっぽろ国際雪像コンクール

time 2017/02/09

ムエタイの芸術
2月6日~12日の日程で「第68回さっぽろ雪まつり」が開催されていますが、その期間中行なわれている「第44回国際雪像コンクール」(2月5日~9日)に今年もタイチームが参加しました。

ムエタイの芸術今回タイチームはタイの国技である格闘技「ムエタイ」をテーマに、精神的にも肉体的にも鍛え抜かれたムエタイ選手を雪像で表現しました。

実際コンクールの会場では、現K-1 WORLD GP -65kg王者で現WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者のゲーオ・ウィラサクレック選手と、WPMF世界スーパー・ライト級王者 ゴンナパー・ウィラサクレック選手がワイクルーとデモンストレーションを行ないました。

タイはこれまでに7回の優勝を誇る実力のあるチームですが、残念ながら今回は優勝はなりませんでした。

ちなみに今年の優勝はマカオの「春、鶴の舞い」、準優勝はラトビア「木の夢」でした。


◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

sponsored link

コメント

  • タイ人は大雑把なイメージありますけど、意外とこういう手先の器用なところがありますね!
    それにしてもK-1、まだ存続してたんですね(驚)タイ選手も活躍してるようですが、そういや何年か前に耳にしたムエタイ日本興業ってどうなったん?とか、興味のつきないニュースでした。

    by Tui☆ €2017年2月9日 5:47 PM

    • <Tui☆さん>タイ人は日本人に負けず劣らず器用だと思います。工芸品なんか見ればわかります。
      ムエタイ関連は日本では地味というか、マイナーなので、やっていてもマスコミには載ってこないので、あまり分からいないですね。

      by JiMNY €2017年2月10日 3:20 PM

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 58現在の記事:
  • 498892総閲覧数:
  • 246昨日の閲覧数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 175昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト