タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

東京は世界で一番安全な都市!?バンコクは39位にランクイン

time 2015/02/06

The Safe Cities Index英国誌「エコノミスト」の調査部門であるEIU(Economist Intelligence Unit)がこのほど発表した「世界安全な都市ランキング50」によりますと、東京が第一位、2位=シンガポール、そして3位に大阪とベスト3に日本の都市が二つ入りました。

なお、バンコクが39位にランクされていますが、これは各地域における重要度やデータの入手可能性といった条件に基づき、EIUが選定した50都市について調査したもので、あくまで調査都市50のうちの39位ですので、正確には世界全体で39位ということではありません。

世界の人口は現在、半分以上が都市に集中しており、今後も都市化の流れは全世界的に進むものと思われます。

そういった観点から都市の安全性というテーマの重要性は、今後さらに高まっていく可能性が高く、さらには公共の安全を確保するために、幅広い分野で様々なリスクへの対応が求められています。

今回の調査はこの複雑な問題に対する理解を深めるために実施、個人情報の盗難やデジタルセキュリティの質などを評価する「サイバーセキュリティ」、予測される市民の平均寿命と人口に対する病院のベッド数などから導き出した「医療・健康環境の安全性」、自然災害での死者数や道路の品質などを見る「インフラの安全性」、そして暴力事件の件数や犯罪対策を評価する「個人の安全性」という4つのカテゴリーにわたって評価、分析して都市の相対的な安全性を検証したものです。

東京今回の調査では、先進国都市と新興国都市のスコアに大きな開きが見られました。

たとえばアジアで、先進国の都市(東京・シンガポール・大阪)がトップ3を占める一方、新興国の都市(ホーチミン・ジャカルタ)はワースト3に入っているなど、都市の安全性は、経済力や発展レベルと密接な関係があるといえます。

一方、今回調査の対象となった中東5都市中の4都市は、高い経済力を誇っているものの、ランキングの上位半分に入っているのはアブダビの1都市のみ。

また、ソウルは総合ランキングで東京より23ランク下に位置しているなど、同様の経済力を持つ都市の中でも差が生じる傾向を示しており、一概に経済力と豊富な資源は都市の安全性を保証するものではないともいえそうです。

※世界安全な都市ランキング50 ⇒ 英語完全版日本語ダイジェスト版(PDFファイル)





アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 232現在の記事:
  • 498599総閲覧数:
  • 203昨日の閲覧数:
  • 128今日の訪問者数:
  • 162昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト