タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

アジアの大学ランキングでシンガポール大学が初の首位に

time 2014/05/16

イギリスの大学評価機関、クアクアレリ・シモンズ社(Quacquarelli Symonds :QS)がこのほど発表した「QS大学ランキング・アジア圏2014」によりますと、前回の香港科技大学に代わり、シンガポール国立大学が初の首位に輝きました。

日本では、東京大学が順位をひとつ下げたものの、かろうじてベスト10入りを果たしました。

QS大学ランキング・アジア圏2014

東京大学以外では、12位=京都大学(前年10位)、13位=大阪大学(同15位)、15位=東京工業大学(同13位)、18位=東北大学(同17位)、20位=名古屋大学(同18位)、以下99位の熊本大学まで100位までに21校がランクイン、300位までには68校が入っています。

タイをみてみると、40位にマヒドン大学、48位=チュラロンコン大学、92位=チェンマイ大学、134位=タマサート大学、以下300位までには合計10校がランクインしています。

これらのランキングは、学術評判、企業評判、生徒・教員数の比率、教員の出版数、国際性、留学生(受け入れ)などを点数化して算出しています。

今回シンガポール大学が首位に、また韓国のKAIST (旧称:韓国科学技術院)が前年6位から2位にジャンプアップしたことについてリサーチ部長のベン・ソーター氏は「シンガポール国立大学、KAIST共に政府の多大なる融資を受けているだけでなく、英語での授業が国際性を高める強い要因となっている」とした上で、日本の大学については「低下程度は小さいものの、低調傾向はここ3-4年の特徴となっている。経済危機の余波により、シンガポール、韓国、香港、中国といった国勢と同様の向上が難しいように思われる。」とコメントしました。

これはアジア圏内の他国が大規模な投資を開始したのと同時期に、日本では2007年度から続く教育機関の資金削減と2012年の公的給与削減が大きく影響しているようです。




アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 505現在の記事:
  • 498891総閲覧数:
  • 246昨日の閲覧数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 175昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト