タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

今夜の「所でナンじゃこりゃ!?」(テレビ東京)にタイの謎の火の玉が登場

time 2014/11/14

バンファイ・パヤナーク今夜午後8時54分からの「所でナンじゃこりゃ!?3 ~世界中から滅多に見られないモノを集めました~ 」(テレビ東京)で、タイからは舞い上がる火の玉が取り上げられます。

国内、海外を問わず世の中には思わず「ナンジャこりゃ!?」と叫びたくなる自然、建物、人間が数多く存在します。

番組ではそんな摩訶不思議な世界の現場にスタッフが急行! 誰が?いったい何のために作ったのか?など視聴者が疑問に感じるナゾを徹底調査!子供から大人まで知的好奇心を満たす情報バラエティ番組です。

今回はインド奥地でひっそりと暮らすアパタニ族の「ブタ鼻おばさん」、南米6か国にまたがるギアナ高地「ナゾの超巨大穴」、信州アルプスの知られざる絶景「暗闇に浮かぶ宝石」、ブラジル・サンパウロ郊外にある「宇宙人と交信!?の地上絵」などに加えて、タイからは「舞い上がる火の玉」とありますから、きっとタイとラオスの国境を流れるメコン川で起こる「バンファイ・パヤナーク(龍神の火の玉)」のことではないでしょうか。

「バンファイ・パヤナーク(บั้งไฟพญานาค)」とは、一年に一度、陰暦11月の満月の夜にだけメコン川から打ちあがる火の玉のことで、多い年には一晩で170以上の火の玉が打ちあがる現象です。

タイにおいて陰暦11月の満月の日はオークパンサー(出安居)なのですが、なぜこの現象が毎年オークパンサーの日にだけ、それもメコン川沿いのノーンカーイという場所だけで見られるのか。

科学的調査も行なわれていますが、現在もなお詳しい理由は分かっていません。

年一回の不思議な現象を見ようとタイ国内に止まらず、海外からも大勢の人が訪れる現象、祭りとなっています。







アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 540現在の記事:
  • 523145総閲覧数:
  • 171昨日の閲覧数:
  • 67今日の訪問者数:
  • 103昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト