タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

コマ大戦って何?~今週末バンコクで「世界コマ大戦2015タイ予選」を開催

time 2014/11/18

コマ大戦イメージキャラクターのヨーコ 「バンコク国際貿易展示場(BITEC)」(Bangna-Trad Road)で11月22日、中小製造業の技術者や学生らが自らのプライドを懸けて作成したコマを持ち寄り、1対1で戦う世界コマ大戦2015タイ予選「第1回タイ国バンコク場所」が開催されます。

そもそもコマ大戦とは何なのでしょう?

自社製品を持たず、下請けとして日本を支えてきた製造業者は技術と設備を持っていても、自社製品を創る機会がありませんでした。

コマという自社の看板を背負った製品を本気で作成することがモチベーションの向上に繋がり、またその成果がコマ大戦を通じて多くの人の目に留まることで、一人でも多くの方が製造業に興味を持ってもらうことを目的にしています。

実際は全国の中小製造業が自社の誇りを賭けて作成したコマを持ち寄り、一対一で戦う大会で、コマ大戦にて使用されるケンカゴマは直径20mm以下、一円玉より小さいコマです。

その小さなコマを製造業が本気で設計し、プロの機械を使用して自社の持てる技術を全て注ぎ込み作成します。

日頃は目に付きにくい製品を取り扱うプロの技が、土俵の上でぶつかり合う熱い大会で、2012年に第一回大会が開催されています。

世界コマ大戦ルールはタイ国内で製造された直径20ミリ以下のコマを使う。材質・重量・高さは自由で、投げ手はタイ人のみとし、コマは片手の指で回すこと。直径250ミリの土俵上で相手のコマより早く止まるか、直径250ミリの土俵の外に出たら負けとする。参加チームは24~40チームを予定しており、予選はリーグ戦で争い、決勝はトーナメント方式で行なわれます。 

優勝・準優勝のチームは来年2月15日に横浜で開催される世界大会に招待、出場できることから、技術力とプライドを懸けた熱い戦いが繰り広げられことが予想されます。





アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 123現在の記事:
  • 494085総閲覧数:
  • 194昨日の閲覧数:
  • 124今日の訪問者数:
  • 141昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト