タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

2016年の渋滞最悪都市はLA、バンコクは12位~渋滞情報サービス会社INRIXが世界1064都市を調査

time 2017/02/22

INRIX 2016 Global Traffic Scorecard
米国の交通データ分析会社「INRIX社」はこのほど、世界38カ国1064都市の渋滞状況を分析して交通渋滞のひどさをランク付けした「INRIX 2016 Global Traffic Scorecard」を発表しました。

「INRIX Global Traffic Scorecard」は、総走行距離500万マイル(約800万キロメートル)にも及ぶ商用トラックのGPUデータなど3億件からなるビッグデータを解析して作成されています。

ただし、残念ながら日本の都市は調査対象になっていません。

バンコク2016年世界で1番渋滞がひどかった都市はロサンゼルスで、ピーク時には全時間の22%が渋滞、ドライバーがラッシュ時に渋滞に費やす時間は年間104.1時間でした。

2位はロシア・モスクワ(年間渋滞時間91.4時間)、3位=米ニューヨーク(同89.4時間)、4位=米サンフランシスコ(同82.6時間)、5位=コロンビア・ボゴタ(同79.8時間)、6位=ブラジル・サンパウロ(同77.2時間)、7位=英国ロンドン(同73.4時間)、8位=ロシア・マゴニトゴルスク(同71.1時間)、9位=米アトランタ(同70.8時間)、10位=フランス・パリ(同65.3時間)がワースト10入りです。

アジアワーストは同64.1時間でバンコクが12位。次にジャカルタの22位(同55時間)を筆頭に100位までにインドネシアの都市が5都市ランクインしています。

国別にみた場合、タイが最悪で61時間、2位は47時間でインドネシアとコロンビア、4位が米国とロシアの42時間でした。

ちなみに、ワースト25までに10都市をランクインさせている米国の分析結果をみると、全ドライブあたりの渋滞時間の割合は9%、平均的なドライバーの渋滞に遭う時間は年間42時間、アメリカの全ドライバーが渋滞で被る経済損失は3000億ドル(約34兆円)、ドライバー1人当たりの経済損失は1400ドル(約16万円)などとなっています。

バンコク世界の渋滞ワーストトップはバンコク・・・ではなくてジャカルタ!
英国の車両用潤滑油メーカー「カストロール(Casrol)」はこのほど、世界78都市を対象に交通渋滞事情を調査、その結果をまとめて発...



◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

sponsored link

コメント

  • へえ意外! 最近行ってないし以前もそんな頻繁に行ってたわけではないですが、サンフランシスコとか渋滞のイメージは全くなかったですけどね。
    バンコク在住時代の記憶は、ほとんどクルマの中でイライラしてた印象ばかりですわい。

    by Tui☆ €2017年2月22日 9:14 PM

    • <Tui☆さん>バンコクも何年も渋滞緩和のために、いろいろやってきてはいますが、多少はその成果がでてきているのでしょうか。
      バンコクは12位ですが、タイ全体ではワースト1ですからね。

      by JiMNY €2017年2月23日 12:43 PM

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 66現在の記事:
  • 514538総閲覧数:
  • 134昨日の閲覧数:
  • 54今日の訪問者数:
  • 89昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト