タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

まさにイグノーベル賞!25周年となる今年タイ首都警察が経済学賞を受賞

time 2015/10/06

バンコク首都警察大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞することが決まりましたが、本家ノーベル賞に対して裏ノーベル賞ともいえる「イグノーベル賞」に今年はタイから史上2回目となる受賞者が決まりました。

イグノーベル賞(Ig Nobel Prize)は「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞で、日本人も9年連続で受賞するなど、アメリカ、イギリスに次ぐ受賞者を輩出する常連国となっています。

25周年となる今年、栄えあるイグノーベル・経済学賞を受賞したのはタイの首都警察です。

受賞理由は、100バーツ(約335円)の賄賂を受け取らなかった警察官に対して、タイ首都警察が1万バーツの報奨金を出したからということです。

100バーツ拒否して1万バーツもらえるなんて、このニュースを聞いたときは「金の斧、銀の斧」の話を思い出しました。

タイ首都警察は昨年10月頃、警察のイメージアップを計る目的で、賄賂を受け取らなかった警察官に対して報奨金を出していましたが、余計に評判を落とす結果となった事から、たった一週間で取り止めになった経緯があります。

タイが最初にイグ・ノーべル賞を受賞したのは、「意志に反して切断された男性器の治療方法」を発表した医療チームです。なんともタイらしい事案ではありますね。

なお、今年のイグノーベル賞・受賞研究は以下のとおりです。
▶物理学賞:哺乳類の排尿時間は体の大きさにかかわらず最大21秒前後であることを発見
▶文学賞:「はぁ?」に相当する感嘆詞があらゆる言語に存在する事実の発見
▶化学賞:半熟卵の化学的レシピの確立
▶経営学賞:ビジネスリーダーの多くは幼少期にリスクを取ることを好むという事実の解明
▶経済学賞:賄賂を拒否した警官にボーナスを支給することにしたバンコク警察
▶医学賞:熱烈なキスなどがカップルの活動にどのような生物学的影響があるかを解明
▶数学賞:近世モロッコの君主が800人以上の子供をつくったとされる史実を数理解析で検証
▶生物学賞:ニワトリに人工的しっぽをつけると恐竜のような歩き方になることを発見
▶診断医学賞:急性虫垂炎は道路の凸凹で痛みを感じるかどうかで診断できることを発見
▶生理学賞:ミツバチに刺されるとどの部位が最も痛いのかを解明



◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ タイ・ブログランキング

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 406現在の記事:
  • 518017総閲覧数:
  • 426昨日の閲覧数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 73昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト