タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

タイから謎のフィルムが上映!19日は世界的にホームムービーの日

time 2013/10/18

ホームムービーの日ビデオカメラが普及する前に一般家庭などで撮影された8ミリフィルムを持ち寄って上映する「ホームムービーの日」が19日(土)17時より、文京区根津の根津教会で開かれます。

「ホームムービーの日」は2003年にアメリカで始まり、毎年10月の第三土曜日に開催されていて、今年で11回目を迎えます。

今年の目玉ムービーは、なんと言っても、タイで1976年初めに撮影されたとみられる“謎のフィルム”です。

このフィルムは、「タイ・ハーラージーンス工場の女子労働者─自主管理・自主生産の記録」というもので、1975年末から76年初にかけて行なわれたストライキ中の工場内を撮影したものです。

ストライキと言っても殺伐とした雰囲気や争いのシーンはなく、工場で働くシーンの合間にバンドの演奏会なども出てくるという、ちょっと不思議な感じのフィルムだそうです。

主催する「根津映画倶楽部(クラブ)」の島啓一さん(44)は「よく分からないフィルムもあるが、みんなでワイワイ言いながら見ているうち、何かを発見することがある。知らない人の映像でも、その時代の風俗が分かって興味深い」とホームムービーの魅力を語っています。

海外のフィルムではタイのほかにベルギー、日本からは戦前の地域の映像や映像民俗学のさきがけとなった貴重なフィルムも上映されるなど、バラエティーに富んだラインナップとなっています。

入場無料ですので、興味のある方は出かけていってみてはいかがでしょう。

上映作品(順不同)
  ○中尊寺と松島(1976) シングル カラー サイレント  
  ○寸又峡 夢の懸け橋(1977) シングル カラー トーキー
  ○16中卒業(1977) シングル カラー  サイレント
  ○タイ・ハーラージーンス工場の女子労働者─自主管理・自主生産の記録(1976)シングル カラー トーキー 
  ○ベルギー鉄道150年祭(1985) シングル  カラー サイレント 
  ○関門海峡 シングル カラー サイレント  
  ○大宮公園 シングル カラー サイレント
  ○美やもとグラフ 春のよこ顏(1930頃) 16mm モノクロ サイレント  
  ○美やもとグラフ 片品川(1930) 16mm モノクロ サイレント 



アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 123現在の記事:
  • 517590総閲覧数:
  • 175昨日の閲覧数:
  • 18今日の訪問者数:
  • 125昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト