タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

マスターカード社が今年の「世界渡航先ランキング」を予想~バンコク1位、ロンドン2位、パリ3位で東京は9位にランクアップ

time 2016/09/23

世界渡航先ランキング2016
バンコク・ワットポー米マスターカード・インターナショナルがこのほど発表した今年で6回目となる「世界渡航先ランキング2016」によりますと、バンコクが推定渡航者数2147万人で、昨年まで4年連続1位だったロンドンを抜いてトップに輝きました。

2位以下はロンドン(1988万人)、3位パリ(1803万人)、4位ドバイ(1527万人)、5位ニューヨーク(1275万人)、6位シンガポール(1211万人)、7位クアラルンプール(1202万人)、8位イスタンブール(1195万人)、9位には東京(1170万人)が昨年11位からトップ10入りを果たし、10位にソウル(1020万人)が続いています。

タイ政府観光庁によりますと、バンコクは2014年5月のクーデター以降観光客が減少していましたが、2016年は中国人を中心に観光客が増加に転じてきているということです。

また、過去6年間(2009–2016)にわたって渡航者数が最も大きく伸びた都市をみてみると、年平均成長率24.15%で大阪が前年調査の4位から第1位に踊り出ています。

東京も前年8位から第5位(18.48%)に3ランクアップして、デスティネーション(旅行目的地)としてその存在感をより強めています。

なお、2位は成都(中国)、3位アブダビ(UAE)、4位コロンボ(スリランカ)、6位リヤド(サウジアラビア)、7位台北(台湾)、8位西安(中国)、9位テヘラン(イラン)、10位厦門(中国)となっています。

世界渡航先ランキング2016
※PDF ⇒ Global Destinations Cities Index 2016

MasterCard「世界渡航先ランキング」は、人々の旅行パターンを詳しく的確にとらえることによって、世界132都市を対象に人気渡航先ランキングを出しています。具体的には、海外からの渡航者(一泊以上の)総数と、渡航者による渡航先都市での消費額で世界の都市をランク付けし、2016年の渡航者・旅客数の増加を予測しています。同調査は単に旅行パターンを追跡するのみならず、人々が世界を渡航する際の移動方法についての理解を提供するとともに、居住地であり渡航先であり、また成長を牽引する原動力でもある世界各地の都市の重要性を理解する指標となるものです。



◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 39現在の記事:
  • 514538総閲覧数:
  • 134昨日の閲覧数:
  • 54今日の訪問者数:
  • 89昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト