タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

世界28か国を旅したバックパッカーが国別コストを記録・・・タイは2番目に安く1日当たり約20ドル

time 2017/04/07

Daily Expenses Across Countries
バックパッカー皆さん、バックパッカーの経験はありますか。残念ながら私にはそういった冒険心はなく、未経験の領域です。

バックパッカーといえば、いかにお金をかけずに海外諸国を旅行するかを信条にしている人種かと思いますが、どんな国でも低費用で済むというものではありません。

世界28か国を1年半をかけて周った人が食事代、チップ、その他の経費をすべて記録、コストの違いを視覚化したグラフを作成しました。

上のグラフがそれで、コストの低い順に左からエジプト、タイ、ミャンマー、インドネシア、ラオス、カンボジア、インド、フィリピン、ドイツ、アルゼンチン、ナミビア、ヨルダン、チリ、チェコ、イスラエル、ボリビア、ペルー、英国、ヨルダン川西岸地区、ネパール、シンガポール、南アフリカ、フランス、オーストラリア、トルコ、スウェーデン、ニュージーランドときて、ノルウェーがダントツで1番高い国となっています。

色分けは下から青:宿泊、水色:日常の諸経費、オレンジ:食事、ベージュ:観光、緑:交通費の項目です。

なお、英国の宿泊費がゼロになっているのは、親戚の家に泊まったためだそうで、もしホテルなどに宿泊したら1日63.5ドル(7000円)と3番目に高額とのこと。

Overall Per Day Expense上の5項目の全体の平均が左の円グラフです。

旅行全体の総費用は3万ドル(約334万円)で、1日の平均は飛行機代を除くと39.56ドル(約4400円)。飛行機代は別に6463.60ドル(約72万円)となっています。

ちにみにタイの内訳は食事代が7.8ドル、交通費:5.1ドル、宿泊:2.9ドル、観光:2.4ドル、諸経費:1.7ドルです。

下のグラフはさらに細かく、トランジット、食事、生活用品、タクシー、バス、宿泊、インターネット、洗濯、観光、レンタル、手数料、ガス、入場料、ATM、ジム、バスルーム、シムカード別に表したものです。

※参照サイト ⇒ Daily Expenses Across Countries

A finer breakdown of the categories

◆ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ
 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 


sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 145現在の記事:
  • 498892総閲覧数:
  • 246昨日の閲覧数:
  • 17今日の訪問者数:
  • 175昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト