タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

ASEAN諸国の大半から日本は最も信頼できる国と評価されるものの

time 2014/04/20

日本外務省ASEAN対日世論調査結果
上のグラフは、日本外務省がASEAN7カ国(インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)に対して、日本、アメリカ、ロシア、イギリス、ドイツ、フランス、オーストラリア、ニュージーランド、インド、中国、韓国の11ヶ国のうち最も信頼できる国はどこかと訊いた結果を示したもので、全体の33%の人が日本と答えています。

これは日本外務省が3月に、ASEAN7カ国の2,144人に対して、• 日本に対して持っている印象、• 日本について関心を持っている要素、• 日本とASEANの関係についての意見、• ASEANの発展における日本の役割、• 日本とASEANの間の友好協力40周年記念についての見解を調査したものです。(日本外務省ASEAN対日世論調査結果

フィリピンではアメリカが最も信頼できる国として挙げられ、シンガポールでは日本とアメリカが同程度に信頼できる国と評価されたほかは、残り5カ国からは日本が最も信頼できる国として評価されました。

自分の国と日本との関係性については、「非常に友好的」と「やや友好的」を合わせた割合がほとんどの国で90%を越えていますが、「やや友好的」に比べて「非常に友好的」の割合が少ないのが、ミャンマー、シンガポール、マレーシアの3カ国。

また日本の信頼性については、ほとんどの国が5割以上「信頼に値する」と答えているに対して、シンガポールはその割合が36%に止まり「信頼するが、全面的にではない」とする割合が53%にも上っています。

ほかの調査項目についても、シンガポールは一般的に日本に対する関心度は低く、むしろ中国との関連性のほうが強い傾向にあるようです。

日本外務省ASEAN対日世論調査結果2
日本外務省ASEAN対日世論調査結果3



アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 239現在の記事:
  • 488807総閲覧数:
  • 145昨日の閲覧数:
  • 112今日の訪問者数:
  • 106昨日の訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト