タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

日本とアセアン諸国を繋ぐ「ASEAN JAPAN TV」が4月1日スタート

time 2015/03/31

ASEAN JAPAN TV皆さんはアセアン(ASEAN=東南アジア諸国連合)ってどこの国が加盟していて、何カ国から成っているか知ってますか。

1967年の「バンコク宣言」によって設立された時にはタイ,インドネシア,シンガポール,フィリピン,マレーシアの5か国で、1984年にブルネイが加盟後ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジアが順次加盟、現在10か国で構成されています。

知っているようで知らないそんなアセアンですが、近年日本の観光ビザの緩和もあって、東南アジアからの観光客が急増、日本とアセアンは近い存在になりつつあります。

とはいっても、アセアンの人たちが知ってるのは「寿司」「天ぷら」「富士山」「東京」「京都」「大阪」「北海道」「アニメ」など観光に関係あることばかりで、農業・工業、または「日本人」そのものに関してはあまり知らないのが現状です。

その逆もまたしかりで、日本人もアセアンについて知ってるのは、観光に関した情報くらいではないでしょうか。

そういった観点から今回スタートする「ASEAN JAPAN TV」は、アセアン諸国と日本各地をダイレクトにつなぐオリジナル映像サイトで、お互いの情報交換でより理解度を深め、 文化交流・観光・経済交流のツールとして活用していこうというものです。

ASEAN JAPAN TVでは、見ているだけで、ひと時旅している気分に浸れる映像を、タイを皮切りにアセアン各国へと広げ、日本の紹介でもアセアンの人々が興味を持っている本当に旬なアクティビティを取り上げて行く予定です。

明日4月1日のグランドオープンに向けて、いろいろ特典のある無料会員も募集中です。

あなたも会員になって、アセアン諸国の人々と交流を深めてみてはいかがでしょう。

※ASEAN JAPAN netTV ⇒ YouTubeチャンネルFacebook
 

<Linking ASEAN with Japan through the movie>

◆運営会社=株式会社ジャパンネットティーヴィ(〒104-0061 東京都中央区銀座8-15-10-1102 TEL 03-6264-1909)

2001年民放テレビ局が唯一ない茨城県でネットテレビを開始。主に映像活動を通じて茨城の発展に貢献。

これまで同社が培ってきた「インターネット放送(映像配信)」のノウハウを活かし、一方通行ではない文化交流、観光交流、イベント交流などを通じて、相互理解を深め「真の友人」となっていきたいとの思いから、今回「ASEAN JAPAN net TV」の設立に至ったものです。





アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 284現在の記事:
  • 508394総閲覧数:
  • 141昨日の閲覧数:
  • 48今日の訪問者数:
  • 76昨日の訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト