タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

マスターカード社が今年の「世界渡航先ランキング」を予想~ロンドン1位、バンコク2位、パリ3位で東京は11位にランクアップ

time 2015/06/05

バンコク・ワットポー米マスターカード・インターナショナルがこのほど発表した今年で5回目となる「世界渡航先ランキング」によりますと、調査対象の132都市中、ロンドンが推定渡航者数1882万人で4度目となる第1位に選ばれました。

2位は推定渡航者数1824万人でバンコク、以下3位パリ(1602万人)、4位ドバイ(1426万人)、5位イスタンブール(1256万人)、6位ニューヨーク(1227万人)、7位シンガポール(1188万人)、8位クアラルンプール(1112万人)、9位ソウル(1035万人)、10位香港(866万人)の順で、半数をアジアの国々が占める結果になりました。

急成長が見込まれる上位10都市日本の都市を見ると、東京(808万人)が2014年の19位から11位にランクアップしたのをはじめ、大阪(458万人)も37位から25位へと健闘をみせています。

これは、昨年に引き続き政府のインバウンド(訪日外国人旅行客誘致)政策が加速したことが寄与したと考えられ、過去6年間にわたって渡航者数が最も大きく伸びた上位10都市(上表参照)のうち、大阪が4位、東京が8位にランクインし、デスティネーション(旅行目的地)としてその存在感を強めています。

また、上表のようにランク入りした東アジアの5都市が目覚しい成長を遂げたのは、「爆団体旅行」に象徴されるように中国からの国内および海外旅行が大幅に伸びたためです。一方、スリランカでは長い内戦が終わり、観光が急速に発展しています。

MasterCard「世界渡航先ランキング」は、人々の旅行パターンを詳しく的確にとらえることによって、世界132都市を対象に人気渡航先ランキングを出しています。具体的には、海外からの渡航者(一泊以上の)総数と、渡航者による渡航先都市での消費額で世界の都市をランク付けし、2015年の渡航者・旅客数の増加を予測しています。同調査は単に旅行パターンを追跡するのみならず、人々が世界を渡航する際の移動方法についての理解を提供するとともに、居住地であり渡航先であり、また成長を牽引する原動力でもある世界各地の都市の重要性を理解する指標となるものです。




アジアに関するブログがいっぱい

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ほかにもタイ情報満載のブログをどうぞ



タイ・ブログランキング

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 151現在の記事:
  • 508331総閲覧数:
  • 141昨日の閲覧数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 76昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト