タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

韓国、中国以外は日本に友好的~アジア10 ヶ国の親日度調査

time 2012/11/07

アジア10 ヶ国の親日度調査 
 
アジア圏を中心にグローバルマーケティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(本社:東京都文京区)はこのたび、アジアのGDP上位10ヶ国を対象に親日度に関するデータをまとめて発表しました。 
 
今回調査を実施した10ヶ国は韓国、中国、台湾、香港、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナム、フィリピンで、親日度を図る指標となる設問を5つ設け、各国の18歳以上の男女100人から回答を得ています。 
 
 
まず「日本という国が好きですか?」という質問(上図参照)に関しては、韓国、中国を除く8ヶ国では、80%が日本を「大好き」、「好き」と回答しており、アジア全体で見ると、日本に対して友好的な傾向がみられます。 
 
中国は日本という国を「大好き」、「好き」と回答をしている人が55%いる一方、韓国では「大嫌い」と「嫌い」を合わせた回答が64%と、唯一「大好き」、「好き」を大きく上回っている国となっています。 
 
 
「日本人が好きですか?」という設問についても、上の回答と相関関係が見られ、同じような傾向ですが、「日本へ旅行に行きたいですか?」という質問では、中国、韓国とも50%以上が「とても行きたい」、「行きたい」と回答をしており、本心は違うところにあるのではないかと思われる節もあります。 
 
それを裏付ける回答として日本の商品・サービスについての質問では、中国を含む9ヶ国の80%が日本の商品、サービスを「大好き」、「好き」と回答、韓国にしてもこの割合は70%近くに達しています。 
 
具体的には各国とも約半数の人が「アニメ、漫画が好き」と回答しており、アニメ、漫画などのサブカルチャーが世界に誇れる日本の輸出文化であることが証明された形にもなってるのはないでしょうか。 
 
ちなみにタイに関しては、シンガポール、フィリピンと並ぶ親日国家と言えそうです。 
 

 
 
 

人気ブログランキングへ 
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
 
 

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 56現在の記事:
  • 523146総閲覧数:
  • 171昨日の閲覧数:
  • 68今日の訪問者数:
  • 103昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト