タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

第6回国際漫画賞でタイ人漫画家が最優秀賞の栄冠

time 2013/02/06

แว่วกริ่งกังสดาล

「ガンサダーンの音が聞こえる」

日本の外務省が主催する日本の外務省が主催する日本国籍以外の漫画家を対象にした漫画賞「第6回国際漫画賞」の受賞者と受賞作品が2月1日に発表され、最優秀賞にタイのコーシン・チーンシーコン(Kosin Jeenseekong)さんによる「Listening to the Bell (ガンサダーンの音が聞こえる、原題 แว่วกริ่งกังสดาล)」が選出されました。

さらに、優秀賞3作品の中にもタイのイティワット・スリヤマート(Ittiwat Suriyamart)さんの「Melon Seed School Vol.3 (ワクワク学校 第3学期、原題 โรงเรียนเม็ดกวยจี๊ เทอม 3)」が選ばれ、初のワン、ツーフィニッシュというところでしょうか。


ちなみに最優秀賞は第3回にチャカラパンさんが受賞、優秀賞は第4回(ドゥアンプラさん)、第5回(ウェラサックウォンさん)に受賞者がでています。


このコンテストは2007年から開催されています。今回は38の国と地域から245作品の応募があり、国別ではタイが47作品と最多応募数でした。

なお、2番目は台湾の36作品、次いで21作品のインドネシアという順番です。


最優秀賞のコーシン・チーンシーコンさんは、1982年生まれで国立シーナカリンウィロート大学で美術を専攻。

2008年「Lets’s Rock!」でデビュー。受賞作品の他に「Cross Road」があります。

「Listening to the Bell (ガンサダーンの音が聞こえる)」のあらすじは・・・

クントーンは、ロックのドラマー。突然、母親が再婚することになったことから、仕方なく市までタイ楽器の教師をしている実の父親の元へ行くが、父は、すでに亡くなっていた。行き場のないクントーンは、父の再婚相手である若い女性と父の弟子たちと一緒に暮らすことを決め、タイ楽器の習得に励む毎日が始まる。


โรงเรียนเม็ดกวยจี๊ เทอม 3

「ワクワク学校 第3学期」

一方、優秀賞受賞のイティワット・スリヤマートさんは1972年生まれの漫画家、フリー・アニメ制作者、漫画イラストレイター。

2007年「The Drawer of Memory」でデビュー。本作品は、タイ王国教育省の優秀図書にもなっています。

「Melon Seed School Vol.3 (ワクワク学校 第3学期)」のあらすじは・・・

「タイ王国の小さな小さな学校に圧縮したらいったいなにが起こるのだろうか?」個性的なキャラクターが活躍する楽しい学園ショートストーリー集。スクールバスを購入するにも、生徒を巻き込んで学園は大騒ぎとなる。


なお、ほかにも「Once Upon a Time of Love(愛のあるひととき)」の作品でAmpさん(画)とVaracha Pansangさん(原作)が入賞をしています。



アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村








sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 52現在の記事:
  • 508396総閲覧数:
  • 141昨日の閲覧数:
  • 49今日の訪問者数:
  • 76昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト