タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

タイのスウェンセンで「ウ~~~マンゴ!」

time 2013/03/13

マンゴー・ハリケーンタイでもち米を使ったデザートといえば、マンゴーと組み合わせた「カオニャオ・マムアン」とドリアンとの組み合わせ「カオニャオ・トゥリアン」が有名ですね。

日本人はもち米の上にココナッツミルクがかかったデザートを見ると、すぐあり得ない的なことを言いますが、日本だって、おはぎや桜餅など、もち米を使ったお菓子は沢山あるんですから、食べもしないで文句を言わないでほしいものです。

話がそれましたが、今タイではマンゴーの最盛期を迎えています。

そこで、タイ国内で200店以上を展開する米系アイスクリーム・チェーン「スウェンセン(Swensen’s)」では、夏季限定プロモーション「Mango Paradise(マンゴーパラダイス)」を実施中です。

このプロモーションは、その「カオニャオ・マムアン」をベースにマンゴーアイスを盛り付けた「マンゴー・アロハ」(79バーツ)、「マンゴー・ボート」(109バーツ)、「マンゴー・パラダイス」(159バーツ)、「マンゴー・ハリケーン」(259バーツ)のサイズが異なる4種類で今月末まで展開しています。

タイには何種類ものマンゴーがありますが、「カオニャオ・マムアン」にはオックロントーングと呼ばれる品種の完熟マンゴーを使います。

「マンゴーパラダイス」シリーズはいずれも、この完熟マンゴーのほかに生クリーム、マンゴーソース、ココナツ、アーモンドをトッピングしているのが特徴です。

ちなみにカオニャオが緑色なのは、もち米を炊くときにバイトゥーイ(パンダン)を使っているからです。

バイトゥーイは絞ってジュースとして飲んだり、鶏肉を包んで蒸す料理「ガイホー・バイトゥーイ」で有名ですね。





アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 40現在の記事:
  • 518016総閲覧数:
  • 426昨日の閲覧数:
  • 16今日の訪問者数:
  • 73昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト