タイまで575万歩

タイと日本の陸続き化を目論むブログです

「大学は美味しい!!」フェアにタイのカセサート大学も出品

time 2013/06/02

早慶コラボ弁当今、大学の研究室で生まれた美味しい食品が話題になっていることをご存知でしょうか。

昨今、教授と学生が一体となり、地元の名産品・自慢の食材を新たな視点で製品化したり、研究・実習の過程で生まれたものを応用するなど、その「食」への真摯な取り組みは常に話題となり、大学とメーカーが開発した産学連携商品も続々と登場し、いまやひとつの流れを作りつつあります。

そんなトレンドに目をつけた新宿タカシマヤでは、“論文の代わりに、製品で「食」の研究成果を伝える”をテーマに、過去五回に亘り「食の学園祭」として人気を博した「大学は美味しい!!フェア」の第6回目を6月4日まで開催中です。

たとえば、初出展の慶應義塾大学が出品する「熟成赤城和牛モモステーキ」と2回目の出展となる早稲田大学の「ソフトスチーム加工玄米」がセットになった「早慶コラボ弁当」など35の大学から50を越す食品が出品されています。


新潟麺タイ粉そんな中注目は、両校とも初登場となるタイ国立カセサート大学と新潟大学がコラボした「「新潟麺タイ粉(にいがためんたいこ)」()です。

これは、新潟大学が開発した米粉麺と超高圧加工技術を用いた卵に、歴史ある農学部をもつタイの総合大学・カセサート大学が監修したスープを組み合わせたタイ風冷麺ということで、これからの季節にピッタリですね。

見た目はあまり辛そうではありませんが、美味しそうです。

いずれの商品も展示、即売されています。売っているのは、その商品を開発した学生さんということですから、誕生秘話や開発の苦労話を聞いてから食べる弁当やデザートは、また格別ではないでしょうか。




アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

sponsored link

down

コメントする




スポンサードサイト

このブログを書いている人

JiMNY

JiMNY

タイシルク専門店「Hand&Heart」の番頭・ジム兄(JiMNY)です。ブログも書いてます。

スポンサーリンク

サイト内検索



sponsored link

日本語とタイ語の併記だから勉強になります

タイ語を学ぶならこの本!

お買い物するなら楽天でキマリ!

当ブログについて

月別投稿記事

アクセスありがとう

  • 52現在の記事:
  • 523146総閲覧数:
  • 171昨日の閲覧数:
  • 68今日の訪問者数:
  • 103昨日の訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2013年9月21日カウント開始日:

スポンサードサイト